spicy365days

いっけね、スパイス買いすぎた!使い切れるのか?・・・そんな私が、スパイスにはまりつつあるブログ。

スパイスを効かせたチキンのトマト煮込み(レシピあり)

今日1月22日は「カレーの日」なんだそうです。

そう聞いては当ブログでも、何か書かなくてはと思いました。

 

カレーと言えば辛いのが定番ですが、最近はあまり辛くないスパイス料理を作ることが多いです。

 

今回はスパイスを効かせているのに、まったく辛くない、チキンのトマト煮込みの作り方を、ご紹介したいと思います。

(珍しくレシピらしきものを書いてみます。)

 

<材料>

・鶏モモ肉  400g (皮を取り除き一口大)

・玉ねぎ  1個 (大きめのみじん切り)

・ニンニク、しょうがのすりおろし  計大さじ1ほど

・トマト水煮缶  1缶

・ほうれん草など青物  (お好みで)

 

<ホールスパイス>

ベイリーフ  3枚

・ブラック(ブラウン)カルダモン  3個  (軽く潰しておく)

・鷹の爪  2本  (風味づけなのでそのままで)

・シナモン(カシア)  4cmほど

・フェヌグリーク  小さじ1/4

マスタードシード  小さじ1/4

※下の2つはなくてもOK。基本的にお好みのスパイスでいいと思います。が、ブラックカルダモンは今回決め手のスパイスなので、ぜひ入れてほしいです。

 

<パウダースパイス>

コリアンダーパウダー  小さじ1

・クミンパウダー  小さじ1/4

フェンネルパウダー  小さじ1/2

・黒胡椒パウダー  小さじ1/8

・カルダモンパウダー  小さじ1/4

※毎回計るのが大変なので、上記のスパイスをあらかじめ多めに配合して小瓶に保存しておくと便利です。辛くないカレー粉です。それをだいたい小さじ2~3ほど入れればよいです。

 

ターメリック(ウコン)  小さじ1/2

※忘れないでね。薬効があり、体にいいです。

・塩  小さじ1/2

 

<作り方>

  1. 上記の材料を切る。スパイス類はあらかじめ計量しておく。
  2. 深めのフライパンか厚底の鍋にホールスパイス類とお好みのオイル(大さじ2ほど)を入れてから、火にかける。中火。f:id:spicy365days:20190122231816j:image
  3. スパイスがシュワシュワしてきたら、玉ねぎ投入。スパイスはこがさないで!f:id:spicy365days:20190122232006j:image
  4. 玉ねぎが半透明くらいになるまで炒める。(トマトをたっぷり入れるため旨味が出るので、こがし玉ねぎは今回しません。)
  5. ニンニク、しょうがを投入。軽く炒める。
  6. トマト水煮缶投入。ホールの場合は潰しながら軽く煮込む。水気をとばす。
  7. パウダースパイス類を投入。よく混ぜ合わせる。ターメリックも忘れないでね。
  8. 鶏モモ肉を投入。ざっと混ぜ合わせ、表面の色が変わったら、ひたひたまで水を加える(100ccほど)。
  9. f:id:spicy365days:20190122232236j:image
  10. ふたはしないで、水気を飛ばしながら煮込みます。中火くらい。20~30分ほど。f:id:spicy365days:20190122232424j:image
  11. 鶏モモ肉に火が通ったら、ホールスパイスを取り出します。出さなくてもいいけど、出した方が食べやすいよ。
  12. 味見をして、塩を加えます。お好みで加減してください。
  13. ほうれん草または、お好みの青物を加えてさっと火を通します。
  14. f:id:spicy365days:20190122232450j:image
  15. 出来上がり。パウダースパイス控えめで、ホールスパイスの香りが引き立っています。ブラックカルダモンの大人な深い香りがたまらなーい。

 

カレーの日」と言いつつ、カレーらしくなくてごめんなさい。(一応、行程としてはインドカレーとだいたい一緒です。トマトを減らしてカイエンペッパーを加えれば、カレーになります。)

 

スパイスを加えるだけで、いつものトマト煮込みが変身しますよ。

やさしい味でご飯やパンともあうけど、炭水化物がなくても美味しいですよ。

たっぷりのサラダと一緒にどうぞ♪