spicy365days

いっけね、スパイス買いすぎた!使い切れるのか?・・・そんな私が、スパイスにはまりつつあるブログ。

カレーいろいろ(失敗作あり)と、バスマティライスの炊き方(リンクあり)

少し面倒になってきたので(汗)、過去に作ったカレーをいくつかまとめてアップしようと思います。

 

f:id:spicy365days:20181015192615j:plain

 

2018/9/20 「欧風スパイスカレー」

 

 

やっぱりカレーらしいカレーも作りたい・・・ということで、市販のルーを使わない欧風カレーに挑戦。

たまねぎの炒め具合は下の通り。

 

f:id:spicy365days:20181015193035j:plain

 

見た目、質感などかなりいつものカレーに追いついたけど、やっぱりスパイスと固形スープのもとだけではコクや深みが足りないなあ。

自作でスープストックなどから作ったり、隠し味を研究したりetc、欧風カレーはかなーりハードルが高くて、これはとりあえず市販のルーおとなしく買っとけって感じです・・・。

もっと上達してから、また挑戦したい。

 

 

f:id:spicy365days:20181015192702j:plain

 

2018/9/26 「スパイスは焦がすべからず!!失敗豆カレー」

今作は茶色いですが、失敗の茶色でございまして。

スパイスカレーの基本中の基本、スパイス焦がすべからず!!の禁忌をうっかりやぶってしまい、この有り様でござる。

なんで焦げちゃったかというと、玉ねぎを使わなかったため(前回はうまくいったのに)なのですが、この時は本当に一瞬で茶色になってしまって。

パウダースパイスはめちゃくちゃ焦げやすいので、要注意です(今さらですが。)

ちなみに、ぎりぎり食べられたのですが、かなーりおいしくなかったです。とほほ。

 

玉ねぎを使わないカレーについては、またいつか書きたいと思います!

 

 

f:id:spicy365days:20181015192744j:plain

 

2018/9/29 「かぼちゃのスパイスカレー」

 

 

これはですね、かぼちゃの半分はブレンダ―でポタージュみたいにとろとろにして作ってみました。

色合いの面では、かぼちゃの黄色を生かすために、玉ねぎを茶色にしないで透明くらいで仕上げました。

玉ねぎを茶色になるまで炒めないスパイスカレーも、これはこれでやはりおいしいです。

酸味やスパイス、素材の味がそのまま生かされるというか、あっさりした仕上がり。

何より・・・楽だ。

 

カレーと玉ねぎの関係については、結局「お好み」なのかな?

 

・玉ねぎを半透明~黄金色ぐらいで仕上げる

・玉ねぎを飴色に仕上げる

・玉ねぎを焦げるぐらい茶色に炒める

・玉ねぎをそもそも入れない

 

もっとバリエーションあるかもしれませんが、上記のような玉ねぎとカレーの関係について、もっともっと勉強していきたいと思います。

 

あ、それとこのあたりからバスマティライスにもはまりはじめました。

私の経験上、バスマティライスは炊飯器で炊いたら悲しいことになりました。

ぜひ、お鍋で炊いてください。

 

cookpad.com

 

↑こちらの方法が、とてもGOODです。すごく簡単で失敗もないと思います。

ちなみに塩やギーなども、今のところは何も入れない方が私は好きです。

 

 

 

「大豆ミート」なるものを初めて買ってみた

f:id:spicy365days:20181012192743j:plain

 

2018/9/18 「大豆ミートのキーマ風カレー」

 

 

ちょっぴり、肌寒いですね。

もう季節はすっかり秋だってのに、このブログはひたすらカレーです。冬になっても、たぶんカレーです。すみません(笑)。

しかも、まだ1か月過去の料理記録・・・早くリアルに追いつきたいです。

 

さてさて、前回の記事で豆カレーのおいしさに目覚めた私。

今回は、前々から気になっていた「大豆ミート」なるものを初めて買ってみました。

 

私は特段ベジタリアンを目指しているわけではないのですが、なんですかね、どんな味なのかな?本当にお肉の代用になるのかな?と、興味津々で。

 

商品の画像がなくて、すみません。

どんな形状だったかというと、見た目完全に「肉そぼろ」的なモノが、茶色い液体に漬かっていました。

使う前にその茶色い液体をぎゅーっとしぼるのですが、それがちょっと気持ち悪かった・・・なんでか自分でも理由がわからない。

 

お肉に触るのが苦手だから、ときどき大豆ミートで代用できたらいいなと思ったのに、これじゃあんまり意味ないな、と思いました^^;

 

料理の出来栄えは画像の通りで(ししとう目立ちすぎぃ)、お味は淡白ではありますが、言わなきゃばれないレベルだと思いました。

実際、だんな様にだまって出しましたら、何も言わずフツーに食しておりましたので、あえてネタバレはしませんでした(←えw)。

 

ということで、なんらかの理由で「お肉を摂取したくない・できないけど、お肉料理の雰囲気を楽しみたい方」には、大豆ミートは代用として十分使えると思います。

 

が、作る側としては個人的に、お肉と同レベルで触るのが苦手なので、お肉の代わりに買うことはあまりなさそうかも・・・。

 

それになにより、豆そのままのほうがはるかにおいしいですしね!

 

まぁでも、いい経験になりました~。おもしろかったです。

 

 

 

 

お豆とスパイスの相思相愛な関係


f:id:spicy365days:20181009233440j:image

 

2018/9/15  「レッドキドニーのスパイスカレー」

 

 

私はもともとお豆の料理が、いや「チリコンカン」がとても好きで、メキシコ風味のミックススパイス「チリパウダー」を使って、よく作ってました。

 

ところがですね、どうもお豆をたくさん食べるとお腹が張ってしまうのですね。

食べ過ぎなきゃあいいのですが…チリコンカンっておいしいじゃないですか。ついついたくさん食べたくなってしまう。

で、お腹が苦しくなる、を繰り返し、最近はちょっと遠ざかってしまっていたのです。

 

最近スパイスにはまり、インドカレーの勉強をしてみると、お肉ではなくお豆をけっこうよく使うみたいなんですね。

なぜならば、ベジタリアンの人が多いインドでは、貴重なたんぱく源というわけですね。

 

しかも、カレーに入っているスパイスって、消化を助ける働きのものが多いんです。

「これはもしかしたら、スパイスカレーにすれば、お豆をたくさん食べられるかも!」と思い、お豆(この時はレッドキドニー)のカレーを作ってみました。

 

お豆のカレーには、「クミン」を使うのが定番らしいです。おそらく、消化を助ける意味合いもあるのかも。私、クミンのホールがちょっぴり苦手なので、この時はパウダーのクミンを使いました。

 


f:id:spicy365days:20181009235719j:image

 

緑色に見えるのは、ししとうです。パプリカパウダーを入れて、ちょっぴりチリコンカンを意識してみました。赤と緑の対比がきれい。(先頭の画像はなぜか茶色に写ってしまいました。)

 

お味のほうはぶっちゃけ、めっちゃうまかったです!

まったく、どうしてこんな表現力しかないのでしょうか。とにかく、おいしかった。お豆のカレー最高!

これなら、お肉を食べないインド人の気持ちが理解できる!!むしろ、お肉より美味しいかもしれない。

なんでしょうね、すごくスパイスが生きるというか。豆とスパイスの相性が素晴らしい

苦手なクミンも、なんだか好きになれそうな気がしてきたくらい。

 

だって、お腹も全然張らないんです。これは、驚きです。スパイス半端ねぇ。

 

(厳密にいうと、チリパウダーにもクミンは入ってますが、量の問題なのかもしれません。あとは、ターメリックコリアンダーはチリパウダーには入っていませんので、そのあたりの効能?)

 

お豆のカレーは、もっとバリエーションを増やしていきたいなぁ。

 

 

 

 

 

スパイスカレー脱ワンパターンのために玉ねぎを茶色に焦がしてみた


f:id:spicy365days:20181008180616j:image

 

2018/9/11  「豚ひき肉のキーマカレー

 

 

このあたりから、

「スパイスの配合は変えているのに、カレーの味がなんだかワンパターンだな」

という疑問にぶつかり始めていました。

 

はじめの頃は、様々なスパイスのかもしだすハーモニーに、頭がキラキラしていたのですが、それもだんだん慣れてきてしまったのか、キラキラするほどの感動は薄れてきてしまいました。

 

どうしたら、このワンパターンを抜け出すことができるのか?

どうしたら色んな風味のスパイスカレーを作ることができのか?

 

何か工程で自分に足りていない工程はないだろうかと、ネットなどで色々調べた結果、どうやら「玉ねぎを茶色になるまで炒める」という工程が大事であるという指摘がけっこう目に付きました。

 

そこでこのキーマカレーでは、玉ねぎを茶色になるまでがんばってみたんです。

 


f:id:spicy365days:20181008181853j:image

 

だいたいこのぐらいの感じまで。

 

これで味がどう変わったかというと、たしかに深みが出て、甘みが加わったような

それと、見た目の変化なのですが、今まで(玉ねぎを軽くしか炒めてない)はオレンジ色や黄色のカレーだったのですが、玉ねぎを茶色になるまで炒めたら、今までにない茶色っぽい色味になってきました。

 

ただし、この日は素材が豚肉でしたので、豚がもともと甘みがあるような気がするので、ちょっと甘くなりすぎました。

かえって、スパイスの風味が弱くなり、肉味が全面に出てしまった感じ。

 

 

 

それで、次はあっさり目のチキンに変えてみました。

 


f:id:spicy365days:20181008182528j:image

 

2018/9/14  「焦がし玉ねぎのスパイスチキンカレー」

 

いかがでしょうか?

だいぶ、茶色いカレーになってきましたよね。

もちろん、市販のルーなどは一切入れていません。材料はスパイスと玉ねぎとトマトとヨーグルトとオイル(インドカレーのごくごく基本セット)です。

 

spicy365days.hatenablog.com

 

↑こちらのはじめて作ったカレーと同じ材料。なのに、色がぜんぜんちがいます。玉ねぎを茶色くなるまで炒める(どっちかっていうと、焦げてるんじゃないのってぐらい炒める)だけで、こんなに変わるもんなのですね。おもしろいです。

 

お味のほうも、だいぶ変化が出ました。ざっくり言うと甘みや深みが加わって、酸味や辛みはおだやかになった感じ。

あっさりしたささみ肉で作ったので、スパイシー感も残りました。もしかしたら、豚肉や牛肉など味の濃いお肉のときは、もっとスパイスの量を増やせばいいのかもしれないです。

 

同じ材料でも、玉ねぎの炒め方ひとつで味も見た目も変わる。スパイスカレーっておもしろい!!

まだまだ、カレーの修行は続きます。

 

 

 

 

ごはん保存用のタッパーは四角より丸○がいいよね

f:id:spicy365days:20181006204039j:plain

 

2018/9/7 「焼き夏野菜のスパイスカレー」

 

 

この日は、タマネギとトマトをハンドブレンダ―でペースト状にして、ポタージュのようなカレーにしてみたんですよね。

たしか、鉄腕DASHで長瀬さんが(←もうモロに書いてますけど)訪問したインドのお宅のお姉さんは、トマトをブレンダ―でペースト状にしていたなと思いまして。

 

で、カレー自体には具は入れずに、焼き野菜をトッピングしてみました。

ちょっぴりカフェっぽく、なったんじゃあないでしょうか?!

 

お味のほうはどうだったかな~。案外ふつうだった気がする。舌触りは、まさにトロトロポタージュ!体にやさしそうな質感でした。味はあくまで、カレーですが。

 

ところで・・・

余ったごはんを保存する用に、四角いタッパーを買ってしまったのですが、写真を見て気付いたわ。

 

ごはん用のタッパーは丸いほうに、しとけばよかった。

 

そうすれば、チンしてそのまま出せば、丸いごはんができるよね。カレーにそのまま、使えるよね~。

 

 

 

カレー味の炒め物 サブジ

f:id:spicy365days:20181006191636j:plain

 

2018/9/3 「ジャガイモとオクラのサブジ

インド料理というとカレーばかりが頭に浮かんでしまうのですが、カレー以外にもいろんな料理は当然、あるんですよね。当たり前だけど。

この日は、スパイスを使った炒め物の「サブジ」というものを作りました。

ターメリック、チリパウダー、クミンを加えて炒めたのですが、要するにカレー味の炒め物ですね。

でもやはりそこは、ホールのクミンを使ったのでクミン独特の風味が効いてました。

 

だけど、サブジはたぶんこれ以来、ほとんど作ってないです・・・。

なぜかというと、メインがカレーでおかずもカレー味となると、ちょっとくどいというか。

かといって、メインが和や洋だとなんかちょっと、副菜として合わないような。

 

私の中で、なかなか扱いがむずかしくなってしまったサブジさん。

また出番があるとよいのですが。

 

 

 

 

 

スパイスの効能?冷え症の私にはいいかも

f:id:spicy365days:20181005212013j:plain

 

2018/9/3 「ナスとチキンのスパイスカレー」

 

 

前回、はじめてスパイスカレーを作って、ちょっと間が空いているようですが、たしかこれが2作目ですね。

 

お茄子のおいしい時期でしたから、これまた定番のお茄子のカレー。

茄子を事前に揚げておいた方が色合いがもっとキレイだったろうに、早くも手抜きグセが。まあ、いいか。

あと、水気が足りない気がするw

 

料理の出来はイマイチですが、スパイスカレーを食べるたあとの、体の変化にも驚いていたこの頃。

 

まず、手足のポカポカがすごい。

私は冷え症で、真夏でもエアコンで冷えてしまうタイプなのですが、(かと言ってエアコンがないと頭が暑くて辛い)、スパイスカレーを食べると夜寝るときも、手足のポカポカを実感できました。

 

あと、これまた胃腸が弱くて消化不良気味な私なのですが、スパイスの効能か胃腸がよく働いているようで、おなかがよくグ~~ッというようになりました。

 

カレーに使われるスパイスって、消化を助ける胃腸にやさしいスパイスが多いんですよね。

 

スパイスって、すごい!

 

もっと早く気づいていればよかった・・・でも、気付いてよかった~!

 

スパイスの効能などについても、おいおい勉強していきたいです。